セブ島唯一の猫カフェ「Cat Cafe」に猫好きは今すぐ駆け込むべきだと思う。

f:id:nontsu:20160724033112j:plain

こんにちは。のっちです。セブ島滞在も残り2日と少し。帰りたくない気持ち半分と、はやく帰ってあの人に会いたい気持ち半分。だけどやっぱり、もう少しだけいたいかな。

続きを読む

フィリピンのちいさな島「カオハガン島」はきっと"あなたの想う島らしさ"が生き残る場所

f:id:nontsu:20160722234337j:plain

こんにちは、のっちです。巷ではポケモンGOがはやってますね。残念ながらフィリピンではポケモンと遭遇できませんでした。もう少し待ちかな。

さて今日は、メディアの取材でフィリピンの「カオハガン島」という島に行ってきた。

 

マクタン島から船で40分ほど行ったところにあるちいさな島

f:id:nontsu:20160722235705j:plain

フィリピンのマクタン島から船で40分ほど。ゆらゆらと風をうけながら進む真っ白な船に乗りこんで、お昼過ぎに出発。この日は取材なので贅沢にも4名で貸切。

f:id:nontsu:20160722235657j:plain

真っ白な雲と、突き抜けるように真っ青な海と、その2つをくっきりと分ける境界線を見た瞬間に「あ、わたし多分これから素敵な場所に行くな」となぞの確信があった。でも、本当になんとなく。理由は説明できないんだけど、本当になんとなく。

わたしの想う"島らしさ"がある場所

f:id:nontsu:20160722234324j:plain

そして到着したカオハガン島は、電気も通っていないような本当に「島」らしい「島」だった。からぶき屋根の家でキルトを編むおばあちゃんや、若い女性。その横でゴロリと昼寝を楽しむ男性。

波のない海からかすかにする、静かなチャプチャプ・・・という音と、スズメの声。

f:id:nontsu:20160723002947j:plain

鮮やかな色が踊るちいさなアクセサリー屋さん。「安いよ!」って言われて手に取ると、そんなに安くなくて笑ったり(でも可愛い。お土産に買っていきたかった)

f:id:nontsu:20160722234327j:plain

電気がないから冷やすものもないから、立ち寄ったカフェで飲むブコジュース(ココナッツジュース)は、ちょっと思わず笑っちゃうくらいぬるかったり。それもまた何だか”島らしい”ような感じがして、なぜか和んでしまったり。

何もかもが懐かしいような、全てがあったかい空気に包まれていて思わずぼーっとしてしてしまう。不思議な感覚。

当たり前にそこに「ある」ことにも「ない」ことにも、わたしたちは慣れすぎているから

f:id:nontsu:20160722234330j:plain

電気もない。ゲームもない。もちろん経済的にもそれほど裕福ではない。だけれど島の人たちの顔はおだやかで、とても満ち足りていて。
その顔がとても印象的で、わたしの心を強く刺激してくれた。

f:id:nontsu:20160723003407j:plain

深呼吸したらその空気が自分も満たしてくれて、仲間に入れるようなそんな気がして、たくさん息を吸い込んでみる。

それでもやっぱりその空気はわたしに馴染んでくれないし、当たり前だけど「アルハガン島に住んでいる人」にはなれなかった。

日本にいるとき「自分が幸せか」とか「なんで仕事を一生懸命するのか」とか、そんなこと立ち止まって考えることなんてなかった。というか、考えようともしてなかったのだけれど、フィリピンに来てこういうあまりにも穏やかな顔のひとたちと出会うことが増えて、「自分にとって本当の幸せってなんだろうか」をよく考えるようになった。


f:id:nontsu:20160723004741j:plain

わたしたちは、良くも悪くも自分たちが恵まれていることにも、そして貧しいことにも、どちらにも慣れすぎてしまっている気がする。

もしそんな毎日に気づいて、ふと少し立ち止まったとき。ぜひこの島を訪れてみてほしい。

f:id:nontsu:20160722234334j:plain

日本人がまさに無くそうとしている本当に大切なものが、この島にはまだたくさん、残っている気がするから。



「旅をしながら働くってどうやるの?」セブ島のiiofficeCEBUで登壇してきました

f:id:nontsu:20160720183454j:plain

こんにちは。のっちです。セブ滞在も残りあと5日。1ヶ月って本当にあっという間ですね。ここから本格的にスタートする世界1周も、たったの7ヶ月ほど。すぐに終わってしまうんだろうな。しっかり味わいたいと思います。

さてさて、先日、今年5月まで所属していたLIGが運営するセブ島コワーキングスペースiioffice CEBU(いいオフィスセブ)」にて、CEBU Media Meetupが行われました。

2016年7月にOPENしたコワーキングスペース

f:id:nontsu:20160720183957j:plain

キャピタルホテル近くのBOS COFEEから徒歩2分ほどのところにOPENしたコワーキング。この大きなロゴマークが目印。

f:id:nontsu:20160720183954j:plain

中はとにかく広々!お洒落!インテリアいい感じ。正直いまのところ、セブ島で見た中で1番のお洒落施設ではないでしょうか。

f:id:nontsu:20160720185156j:plain

キッチンもあるので料理もできます。Wi-Fiも爆速なのでとにかく居心地は最高。1日中快適に作業ができちゃいます。 


初のMediaMeetUpが開催!

そんなお洒落スペースで先日7月16日に「LIG」とフィリピン留学口コミサイト「SchoolWith」がメインとなり、MediaMeetUpが行われました。

f:id:nontsu:20160720185720j:plain

メインは両者のメディア運営についての話だったのですが、そのおまけ的な立ち位置で、わたしもこっそりと登壇させていただきました。

寛大なLIGとSchoolWithさん。
「内容はなんでもいいです!」とのことだったので「旅をしながら働くこと」というすっごいザックリしたテーマでお話しさせていただきました。

このテーマ、めっちゃ悩んだのがどこのレイヤーに向けたら良いかなーというところ。あまり広げると収集がつなかくなりそうだったので、ひとまず今回は「ライターをはじめたい」だったり「ライターとしての単価を上げたい」「場所にとらわれずに働きたい」と思っている方に向けました。

ライターとして旅をしながら働く=いいライターになる


How about travel while working? from Nozomi 

「当たり前やんけ!」と突っ込まれそうテーマですが「じゃあ具体的に、いいライターってなにさ?」ってところについて自分なりに触れてみました。

"いいライター"ってなに?

スライド中でも話していますが、私の思ういいライターの条件は以下3つをクリアしていること。

  • 特定のファンが一定数いる

  • ユーザー目線に立つことができる

  • 自分の武器と弱点を知っている
です。
個人的にはとくに3つ目の「自分の武器と弱点を知っている」ことは特に重要かなあと思っています。自分の武器を知らなければ、向かいたい方向への近道も分からなければ、方法もわかりません。

"いいライター"になるために必要なこと

ではどうしたら自分の武器を知っていて、かつファンがいて、ユーザー目線に立つことができるのか?それは

  • とにかくたくさんの記事を書く

  • SNSを有効活用する

  • 値段で仕事を選ばない
の3つが最重要かなあと思いながら、日々お仕事しています。もし詳しく知りたいと思ってくれた方がいたら、スライドをどうぞ!

f:id:nontsu:20160720201005p:plain

ざっくりですが、約50名の前でそんなお話しをさせてもらいました。ヤジをとばさずに寛大な心で聞いてくれたみなさま、本当にありがとうございました。(写真引用・・@kyoshirocebu)


f:id:nontsu:20160720183454j:plain

懇親会を挟んで、みんなで集合写真。たくさんの方が優しくしてくれました。ありがとうございます!「一緒に面白いことやりたいですね」と声かけてくれたみなさま、ぜひぜひ一緒に何かやりましょう。

"いいライター"になるのは大変だけれど

f:id:nontsu:20160720192555j:plain

2016年5月にLIGを辞めてから、ありがたいことに声をかけてくださるところもあり、ニートとフリーの間のような立ち位置で仕事をさせてもらっているわたし。
旅中も「一緒にこれやりましょう」と言ってくださる方が、ちらほらといらっしゃいます。しかし正直、まだまだ「わたし、いいライターですよ!」と大きな声で言えるほどたくさんのお仕事を抱えているわけではありませんし、貯蓄なしにライティング1本で世界一周できるかと聞かれると、かなりむずかしいところです。

だからこそ1つ1つの仕事やアクションを丁寧に、世の中にすでにたくさんいる"いいライター"さんたちに追いつけるように、頑張っていきたいとおもいます。

今回登壇の機会をくださったLIG・SchoolWithさん。そして話を聞いてくれたセブ島のみなさま。本当にありがとうございました。

また隙間時間があったら穴埋めに呼んでください(笑)

* * *

現在SchoolWithさんで英語留学記を書かせていただいてます。

かなり情けない、良い感じのリアルな体験記になっているので、よければ合わせて読んでやってください〜!

それでは、また。

セブ島「シャウエン市」 のら鶏も歌も踊りも、非日常は知らないうちに日常になる

 

f:id:nontsu:20160708230335j:plain

こんにちは、のっちです。フィリピンセブ島に滞在して、早くも1ヶ月近くが過ぎちゃいました。

毎日毎日英語漬け。とにかく英語、英語、英語!えいご!楽しいけれど、頭がパンクしそう。

(ちなみに留学旅行記はこちらのSchoolWithさんで連載やってます▼)


そういえばこのブログ、「世界中の可愛いものを見つける」というテーマで始めたけれど、全然可愛いスポットに行けてない!むしろ学校からほぼ出てない。

なので、来週からは積極的に探しに行こうと思います。のんびりマイペースに行こう。

 

* * *

 

f:id:nontsu:20160708230122j:plain

ところで学校の周りの「シャウエン市」は本当に「セブの田舎町」って感じで、町歩きが楽しいです。
ただ治安はあまり良くない(?)らしいので、のんきにカメラをぶら下げて歩ける雰囲気ではないみたい。残念。

それでも素敵な風景に魅了されてしまって、時折ささーっとカメラを出してシャッターをこそこそ切る行為は、何だか風景をこっそり盗んでいるような気分になります。

だからか、1枚1枚が私にとっては宝物。

f:id:nontsu:20160708230100j:plain

この辺りには(というかセブ島全体かも)のら猫やのら犬、のら鶏がいっぱいいて最初はちょっと怖かったのだけど、向こうはこちらのことなんか何も気にしていないのか
いつも空気のように扱ってくれます。全然寄ってこないのが、安心半分ちょっとさみしさ半分。

f:id:nontsu:20160715012522j:plain

ちなみにのら鶏は毎日のナチュラル目覚ましになってます。

来たばかりの頃はとにかく朝晩うるさくて(よく言えばエネルギッシュで)眠れなかったり、寝不足になったりしていたのに人間慣れって本当にすごくって。今ではむしろ無いとあれ?ってなる。

こうやってどんな非日常も、自分が気付かないうちに日常になっていくんだなぁと
ずたぼろの靴で汚い水たまりにはまりっても何にも感じなくなった自分を見て、思うのでした。


f:id:nontsu:20160708230600j:plain

こんな無責任な感想、外の人間だから言えることなのかもしれないけれど。

のんびり、のんびり。本当に平和。もう少しだけ、ここに滞在します。

Photo by - ねずあきら(@nzakr

セブ留学中よく使う英語フレーズ10選。~事前に覚えておきたかったシリーズ[1]

f:id:nontsu:20160703010152j:plain

こんにちは、のっちです。フィリピン生活も2週間目に突入しました。
毎日暑くてたまらないけど、割とハッピーに過ごしてます。唯一の懸念点と言えば、壊滅的な英語に危機感がまったくないことと、気になる人からのメールがぜんっぜん返ってこないこと。
もはや100歩譲って前者は良いとしよう。後者が問題すぎる。
なんなの。どうしてなの。

続きを読む

どこまでも柔らかい色の海の島「マクタン島」に行ってきたよ

f:id:nontsu:20160629005225j:plain

こんにちは。のっちです。英語学校「TARGET Global English Academy」に入学して、2週間目に突入しました。相変わらずポンコツです。

ただ毎日勉強する中で感じたのは、「できない=嫌い」ではないなということ。
なので根気よく頑張る。

さてさて、先週の土日は英語留学をしてはじめての休日だったので、フィリピンの「マクタン島」という場所にバッチメイト(※一緒の時期に入学した仲間)と遊びに行ってきました。

続きを読む

フィリピンのセブ島で、綺麗な海よりも心を打たれたのは歌と踊りのエネルギー

f:id:nontsu:20160627015551j:plain

こんにちは。のっちです。セブ島の英語学校「TARGET」に留学して早くも1週間が経過してしまいました。

学校生活はものすごく快適で、英語の勉強(と遊び)に明け暮れてます。こんなに勉強したことないから脳みそが毎日びっくりしてる。

続きを読む