読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「明日、死ぬかもよ?」というどストレートな本を読んで思ったこと

明日、死ぬかもしれない ▼

先日、一冊の本と出会いました。

f:id:nontsu:20160425224057j:plain

それが「あした死ぬかもよ?」という本。

 駅前の本屋で、横目で通り過ぎようとしたわたしの目が、そのどストレートなタイトルをとらえ、気付いたときには自然と店内に足が向かっていました。

 

何年か前に友人に進められて、たまに探していたけれど出会えなかった本。
なんとなくこのタイミングで出会ったということに、何か意味があるような気がして、迷わずに購入しました。

 

どういうわけか、人は自分だけは死なないと思っている  

f:id:nontsu:20160425225330j:plain

『あした死ぬかもよ?』は、自分の真意を問う27の質問で構成されています。

 ・いま失ったら嫌なものはなにか

 ・お墓になんと刻まれたいか

 ・いま死んだらあなたのお葬式に参列するのは何人か

そんな質問がつらつらと並びながら、話は進んでいきます。

 

その中でも、わたしに刺さったのが

「人生最後の日、なにに泣きたいほど後悔しますか?」

 という質問。

もし明日死ぬとしたら、

世界一周の夢を叶える前に死んでしまったことも、
会いたかった友達と、最後に遊べなかったことも、
大好きなあの人に、もう一度会えなかったことも、
死ぬほど後悔するでしょう(死んでいるから後悔できないかもしれないけれど)

 

だけれどそれ以上に後悔すること。それはそんな悩めるわたしを作ってくれた

親に「育ててくれてありがとう。この世に産んでくれてありがとう。大好きだよ」を伝えなかったこと だなと。

 その瞬間、ちいさくなった父親の丸い背中が頭をよこぎりました。

  

自分のそばで当たり前に笑っている親も、明日死ぬかもしれない 

 

f:id:nontsu:20160425225552j:plain

「どういうわけか、人は自分だけは死なないと思っている」そしてそれ以上に、

「親は絶対に死なない」と思ってる。とこの本には書かれています。
この言葉に、共感せずにはいられませんでした。
何故だか親が死ぬなんて想像できない。わたしを含め、きっとそう思っている人は、少なからずいるのではないでしょうか。
だけれど残念なことに、私たちは確実に死んでしまうし、親だって死んでしまう。そしてそれがもしかしたら「明日」かもしれない。

 

そう思った瞬間、だったら今、この生きている奇跡みたいな瞬間に、親に気持ちを伝えておかなくちゃ。そう思いました。

今日この瞬間、幸せな日常は決して日常ではないこと。
肩の力はゆるっと抜きつつ、だけどその自覚をきちんと持ちながら、伝えられるときにきちんと気持ちを伝えよう。

もう1度、はじめから読み直したい大事な本になりました。

広告を非表示にする