読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「旅をしながら働くってどうやるの?」セブ島のiiofficeCEBUで登壇してきました

f:id:nontsu:20160720183454j:plain

こんにちは。のっちです。セブ滞在も残りあと5日。1ヶ月って本当にあっという間ですね。ここから本格的にスタートする世界1周も、たったの7ヶ月ほど。すぐに終わってしまうんだろうな。しっかり味わいたいと思います。

さてさて、先日、今年5月まで所属していたLIGが運営するセブ島コワーキングスペースiioffice CEBU(いいオフィスセブ)」にて、CEBU Media Meetupが行われました。

2016年7月にOPENしたコワーキングスペース

f:id:nontsu:20160720183957j:plain

キャピタルホテル近くのBOS COFEEから徒歩2分ほどのところにOPENしたコワーキング。この大きなロゴマークが目印。

f:id:nontsu:20160720183954j:plain

中はとにかく広々!お洒落!インテリアいい感じ。正直いまのところ、セブ島で見た中で1番のお洒落施設ではないでしょうか。

f:id:nontsu:20160720185156j:plain

キッチンもあるので料理もできます。Wi-Fiも爆速なのでとにかく居心地は最高。1日中快適に作業ができちゃいます。 


初のMediaMeetUpが開催!

そんなお洒落スペースで先日7月16日に「LIG」とフィリピン留学口コミサイト「SchoolWith」がメインとなり、MediaMeetUpが行われました。

f:id:nontsu:20160720185720j:plain

メインは両者のメディア運営についての話だったのですが、そのおまけ的な立ち位置で、わたしもこっそりと登壇させていただきました。

寛大なLIGとSchoolWithさん。
「内容はなんでもいいです!」とのことだったので「旅をしながら働くこと」というすっごいザックリしたテーマでお話しさせていただきました。

このテーマ、めっちゃ悩んだのがどこのレイヤーに向けたら良いかなーというところ。あまり広げると収集がつなかくなりそうだったので、ひとまず今回は「ライターをはじめたい」だったり「ライターとしての単価を上げたい」「場所にとらわれずに働きたい」と思っている方に向けました。

ライターとして旅をしながら働く=いいライターになる


How about travel while working? from Nozomi 

「当たり前やんけ!」と突っ込まれそうテーマですが「じゃあ具体的に、いいライターってなにさ?」ってところについて自分なりに触れてみました。

"いいライター"ってなに?

スライド中でも話していますが、私の思ういいライターの条件は以下3つをクリアしていること。

  • 特定のファンが一定数いる

  • ユーザー目線に立つことができる

  • 自分の武器と弱点を知っている
です。
個人的にはとくに3つ目の「自分の武器と弱点を知っている」ことは特に重要かなあと思っています。自分の武器を知らなければ、向かいたい方向への近道も分からなければ、方法もわかりません。

"いいライター"になるために必要なこと

ではどうしたら自分の武器を知っていて、かつファンがいて、ユーザー目線に立つことができるのか?それは

  • とにかくたくさんの記事を書く

  • SNSを有効活用する

  • 値段で仕事を選ばない
の3つが最重要かなあと思いながら、日々お仕事しています。もし詳しく知りたいと思ってくれた方がいたら、スライドをどうぞ!

f:id:nontsu:20160720201005p:plain

ざっくりですが、約50名の前でそんなお話しをさせてもらいました。ヤジをとばさずに寛大な心で聞いてくれたみなさま、本当にありがとうございました。(写真引用・・@kyoshirocebu)


f:id:nontsu:20160720183454j:plain

懇親会を挟んで、みんなで集合写真。たくさんの方が優しくしてくれました。ありがとうございます!「一緒に面白いことやりたいですね」と声かけてくれたみなさま、ぜひぜひ一緒に何かやりましょう。

"いいライター"になるのは大変だけれど

f:id:nontsu:20160720192555j:plain

2016年5月にLIGを辞めてから、ありがたいことに声をかけてくださるところもあり、ニートとフリーの間のような立ち位置で仕事をさせてもらっているわたし。
旅中も「一緒にこれやりましょう」と言ってくださる方が、ちらほらといらっしゃいます。しかし正直、まだまだ「わたし、いいライターですよ!」と大きな声で言えるほどたくさんのお仕事を抱えているわけではありませんし、貯蓄なしにライティング1本で世界一周できるかと聞かれると、かなりむずかしいところです。

だからこそ1つ1つの仕事やアクションを丁寧に、世の中にすでにたくさんいる"いいライター"さんたちに追いつけるように、頑張っていきたいとおもいます。

今回登壇の機会をくださったLIG・SchoolWithさん。そして話を聞いてくれたセブ島のみなさま。本当にありがとうございました。

また隙間時間があったら穴埋めに呼んでください(笑)

* * *

現在SchoolWithさんで英語留学記を書かせていただいてます。

かなり情けない、良い感じのリアルな体験記になっているので、よければ合わせて読んでやってください〜!

それでは、また。
広告を非表示にする