読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【世界かわいい探し】* ドイツ・ローデンブルグで見つけた可愛い物・コト・場所 *

可愛いさがし ドイツ

f:id:nontsu:20161219071255j:plain

こんにちは、のっちです。
先日ドイツ・フランクフルトに滞在していたのですが、そこから日帰りで行った「ローテンブルク」の町がとにかくもう・・・一体何がどうなっちゃったんだ!!
ってくらいに可愛かったので、ご紹介させてください。

ちなみに見てくれた人全員ともれなく「可愛い!可愛い!」って言い合いたいだけの記事です。

実際に足を運んでみたい!と思ってくれた人がいたら、ローテンブルグの1ファンとしては本望です。

ローテンブルグ、またの名を「中世の宝石箱」へ

rothenburg

私たちはフランクフルトから電車でGOしました。
料金は往復でたったの20ユーロ(2400円くらい) で、所有時間は片道約3時間。

ネット情報だと倍くらいの料金だったはずなのですが、何故だかこの値段。
ちなみに3人合わせて60ユーロの券駅の販売機で購入できたので、もしフランクフルトから行ってみたい って方はトライしてみてください。

・・・でも多分、こんな場所から根性出して行く人、そうそういません。(笑)
(もし仮に行きたいよ!って方がいらっしゃったら、色々情報共有しますのでTwitter辺りにご連絡ください)

ローデンブルグの町はどこを切り取ってもとびきりメルヘン!

rothenburg_photo1

「町のどのあたりが可愛いですか?」なんて質問はナンセンス。だって町のどこを切り取ったて可愛すぎんるだもの!

 

rothenburg_photo2

「中世の宝箱」に名前負けしない、時代を感じる建物には、もれなく可愛い看板が。

 

rothenburg_photo3

「車はだめ。だけど馬車はOKよ」の標識だって

 

rothenburg_photo4

町中を走るバスだって(この時はクリスマス仕様)

 

rothenburg_photo5

ぽっこり空いたお店の入り口だって

 

rothenburg_photo6

その辺の公園で、しかもオシャレな格好をしていなくったって

 

ファインダーの向こうに広がるのは、いつだってファンタジーの世界!

 

rothenburg_photo7

町を歩くだけで、心はもうファンタジーの国の住人です。絶対コジコジの家、あります。

お散歩のお供だってメルヘン!

rothenburg_photo8

そしてそんなファンタジーのお供に食べたいのが、こちらのボール状のお菓子。

町の至るところで売っています(180円くらい)

 

rothenburg_photo9

その名も「雪玉(ゆきだま)」サクサクほろほろっとした食感で、見かけほど甘くはありませんでした。名前、ばっちり可愛い。

メルヘンの国は日本人に優しい

rothenburg_photo10

そしてこのファンタジーな世界には日本からの来客が多いのか、そこらじゅうに日本語があふれているので、英語に自信がない方もお気軽に楽しめます。なんて優しい・・!

 

rothenburg_photo11

どこもかしこも、可愛すぎるこの町。

こんなに可愛く楽しめる町を、わたしは未だかつて知りません。

冬にドイツに訪れる際は、ぜひこのメルヘンな世界へ!

rothenburg_photo12

冬は閑散期でさむーーーーいヨーロッパ。寂しくなった心をほっこり温めてくれたローデンブルグの町は、忘れがたい思い出になりました。

ぜひドイツを訪れる機会があれば、立ち寄ってみてください・・!

いっぱいの可愛いを、ごちそうさまでしたっ!

アクセス

rothenburg_photo13

フランクフルト中央駅(Frankfurt Hauptbahnhof)から電車で3時間(片道10ユーロ)
※チケットは駅の販売機か窓口、もしくはネットで購入可能(販売機がオススメ!)

 
Photo協力 - @ask@世界一周中

 *その他のかわいい探し*


 

 

 

 

広告を非表示にする